妙義山麓 木村園芸

木村園芸は、群馬県富岡市、妙義山の麓で花苗の生産、卸、直売をしている園芸農家です。

8月28日 20周年!

8月28日 20周年!

今年 8月をもって! 木村園芸は 20周年になります!

独立してから 山あり 谷ありの20年!
いろいろな事がありながらも
おかげさまで 園芸農家を現在まで続ける事が出来ました

感謝を込めまして・・・
みなさま ありがとうございま~す!!!

20周年と言えば・・・

私の 兄上も 20周年を迎えるそうです

中南米の民族音楽「フォルクローレ」を中心に活動をしているグループ
PAPAARA (パパ – サラ)が
結成20周年アルバム「Vida」をリリースしました!

16 8 28 PaPa❀SaRa Vida 

5人グループで キーボード担当が 兄上です

アルバムのイラストレーションは 私の兄上の奥さん(私の義理の姉上)である
石版画家 イイヅカ・サトコ さんが描いていますよ

何か深い歴史を感じるような・・!  命が躍動するような・・!!
気持ちが解き放たれるような・・!!!

心に沁みるすばらしい曲ばかりですね

16 8 28 PaPa❀SaRa Vida 2 

「フォルクローレ」はアンデスの先住民達の生活の中から生まれた音楽で
代表的な楽曲では「サイモン&ガーファンクル」がカバーした
「コンドルは飛んで行く」が有名ですね

楽器では ケーナやチャランゴ(アルマジロの甲羅で作られている)
が良く知られていますね

ちなみに 私の兄上(kenta90)は非常に多趣味であり→「木村健太郎の日記」
彼は ひょっとすると 人生を楽しむ天才なのでは・・と思ってしまいます

今日はもう一つ CDを紹介したいと思います

息子の学生時代の音楽サークルの仲間であり
ネコらんど(ウチのねこ用テラス)での バーベキュー大会にも来てくれる

ギタリスト
副島 俊樹 君が 初の ソロアルバム
「雨あがりのトーン」をリリースしました!
16 8 28 副島俊樹 雨あがりのトーン

ジャンル的には フュージョン でしょうか

オシャレなサウンドに 流れるようなギターが 心地よく 耳に響きますね

16 8 28 副島俊樹 雨あがりのトーン 3

2曲目に「アンシャベル」という曲が入ってますね

江戸時代に 日本に渡って来た植物で
当時「アンジャベル」と呼ばれていたお花があります

今は 全く別の名前で呼ばれている そのお花は・・

「カーネーション」です

この曲に 彼のカーネーションに関する思いが 詰まっているのでしょうか?
想像しながら聴くのも なかなか良いものです

さて

ネコらんど では前々々々回のブログで 切り戻しを紹介しました
「カリブラコア」が お花をいっぱい咲かせています
16 8 27 カリブラコア 2

7月22日に 切り戻しをして   8月13日頃から チラチラ咲き始めました

夏は成長が早いので すぐに またお花を楽しめますよ~!

おっと! 気がつけば 咲いてた・・!
そんな植物もありました!
16 8 27 多肉 茜の塔

多肉「茜の塔」です

小さな かわいいお花ですよ

買ってきた時は こんなでした
16 5 28 ファーマーズ 6

この時は まさか お花が見られるなんて 思ってませんでしたね

そんな 植物がお花を咲かせた時には これまた格別に嬉しい気分ですね!!

 

« »