妙義山麓 木村園芸

木村園芸は、群馬県富岡市、妙義山の麓で花苗の生産、卸、直売をしている園芸農家です。

7月15日 妙義のお花

7月15日 妙義のお花

木村園芸は 群馬県 妙義山の麓に在ります・・

「この土地ならではの お花って 無いものかな~!」

そんな事を 思っていますと・・・

ふと・・ お家の北側に置いてある 一鉢のお花が目に留まったのでした!

それは 十六年ほど前に 近所の方からいただいたお花で

いただいた時・・ たしか・・・
「妙義山に自生する  妙義山の固有種なんですよ」 と聞いたような・・・!
(固有種=限られた地域にのみ生息する生物)

毎年 この時期になると
濃い桃色の 可憐なお花を見せてくれる この鉢植え・・・!

これだ! と思った時・・・ 可憐なお花が 燦々と咲き誇って見えました

それが 昨年の今頃・・・

それから 少しずつ 増殖してみたのです

そして 今! 増えた株が お花を咲かせています!

「妙義ツルビランジ」
16 7 15 妙義ツルビランジ 3

「オオビランジ」の変種と考えられ
妙義山の岩場に自生し 妙義山の固有種とされているようです

16 7 15 妙義ツルビランジ

ナデシコ科 耐寒性 多年草で 7月~9月頃に開花

妙義山は 岩山ですが その岩肌を垂れ下がるように 生息しているそうです

この時期は つぼみもたくさん持っています
16 7 15 妙義ツルビランジ つぼみ

まだまだ次々と咲きそうな感じ・・・!

この植物

環境省の絶滅危惧 IA類 に指定されているようです
(IA類=ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種)

妙義山でも 盗掘により 山道ではあまり見る事が出来なくなっている との事・・・

貴重なお花なのかな・・・!?

絶滅危惧種を調べてみると・・

このような 一つの意見を見つけました
「希少性が高い植物は 希少だから欲しがる人がいる(高価で売買される)
⇒自生している植物が掘られて 数が激減してしまう

ので!

貴重な自然を守りたいなら
今 それを持っている人(過去に購入したり 譲ってもらったり)は
どんどん増殖しましょう

希少価値が無くなれば 欲しがる人は減り(高価で売買もされなくなる)
⇒盗掘も減り 自然が守られる」

との事・・・

一理あるな・・! 賛成~!

という事で 木村園芸でも 増やしてみたのです!!

価格には 希少価値は含めないで 普通のお花のように
生産原価に対する価格で販売しています
(道の駅 みょうぎ物産センターで販売)

安いですよ~!

なので 皆さん ぜひ購入して  増殖して お友達に分けて下さいな!
挿し木で 簡単に増やせますよー!!

16 7 15 妙義ツルビランジ 5

妙義山を 訪れた人たちを 楽しませてくれるお花であってほしいな

いつまでも・・  いつまでも・・・

 

« »