妙義山麓 木村園芸

木村園芸は、群馬県富岡市、妙義山の麓で花苗の生産、卸、直売をしている園芸農家です。

現在の販売状況⇒道の駅市場出荷温室で直売

まんが・ニャンだコレ!?パラダイス

9月20日 ニャンだコレ!?パラダイス(20)

山ガール3娘!妙義山へチャレンジ!の巻

その4
(その1から見る時はこちら)

 






※これはまんがのお話です

安政5年頃 渋沢栄一さんは
藍玉の商いで 度々 上州や
信州を訪れ
漢詩を作りながら旅をしたそうです

途中 妙義神社参拝や
周辺の奇岩が立ち並ぶ
険しい山々を登ったという事

「内山峡」という題の漢詩の一節に
「勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征」
とあります

これを読み下しすると

勢いは青天を衝いて
臂(ひじ)を攘(まくり)て 躋(のぼ)り
気は白雲を穿(うがち)て
手に唾(つば)して征(ゆ)く

意味としては

青天を衝く勢いで
ひじをまくって(うでまくりして)登り
白雲を突き抜ける気力で
手に唾をつけながら先へ進む

という感じのようですよ

4月19日 ニャンだコレ!?パラダイス(16)




※これはまんがのお話です
断りなく山野の植物を
ツンツンしたり叩くのは止めましょう

桜の花が舞い散る中
マムシ草の仏炎苞が見られます

妙義山パノラマパークのマムシ草


マムシが鎌首をもたげる姿に似て
なんとも不思議な格好をしています

同じサトイモ科で「ウラシマソウ」という
マムシ草に似ている植物もありますが
そちらは 釣り糸を垂らしている浦島太郎のような姿から
名前が付けられたそうです


若葉が萌える妙義山パノラマパーク

4月3日 ニャンだコレ!?パラダイス(15)

※これはまんがのお話です

妙義山麓のサルノコシカケです!
桃の木に生えていましたよ~
飛んできたUFOが木にぶつかって
食い込んで突き刺さっているみたいで
とてもユニークなカタチしてます

裏面は平で白っぽいです

プーさんだって腰掛ける事が出来ちゃいます!

あっ 妙義山麓には野生のサルがおりますが
サルが座っている所は
残念ながら見たことありません・・!

3月27日 ニャンだコレ!?パラダイス(14)



※これはまんがのお話です

これからの季節 暖かくなってくると
鉢植えのお花の乾き具合が
早くなってきます

お花たちがプンプン😠していないか
冬の間より 少し良く見てあげましょう!

妙義神社や 周辺の枝垂桜も咲いて来ましたよ~!

 

3月22日 ニャンだコレ!?パラダイス(13)


これはまんがのお話です

道の駅みょうぎ物産センター周辺の
河津桜は今満開で最高にきれいです!!

たくさんのメジロたちも遊びに来て
桜のみつを一生懸命すっていますよ~!

人が賑やかに集まると
メジロたちも隅の方へ隠れてしまうので
静かに そ~っとバードウォッチング
して下さいね!

3月8日 ニャンだコレ!?パラダイス(12)
















※これはまんがのお話です
(若い人には古くて分からないですよね・・あしからず)
※補足 「〇〇みちょ~」は「〇〇みたい~」という群馬弁?です


道の駅みょうぎ物産センター周辺の
河津桜が 今見ごろで
とても綺麗です!

3月7日 妙義山と河津桜


皆さま ぜひ感染対策をして
河津桜を見に妙義山麓へいらして下さい!

道の駅みょうぎ物産センターでは
安くてステキな商品を用意して
皆さまをお待ちしておりま~す!!

 

2月28日 ニャンだコレ!?パラダイス(11)

※これはまんがのお話です
断りなく山野の植物を摘むのはやめましょう

妙義山麓はタラの芽の産地です
自然のタラの芽は

今は まだ固く閉じていますが

2月27日撮影 妙義山麓 自然のタラの木

道の駅 みょうぎ物産センターでは
早出しのタラの芽がもう販売しています!

また しみず農産さんでは
タラの芽の直売(食べチョク)もしています!

しみず農産さんインスタグラム

しみず農産さんは脱サラの若手農業者で
高齢化が進む妙義町農業のホープです!

25年前の自分(脱サラして花農家になった)
を見ているような気がして
応援したくなってしまいます!